ロードキャビン

ロードキャビンの室内空間[ロードキャビンについて]
(2008年4月28日 22:54)

今日の旭川は久しぶりに雨模様。ゴールデンウイークに突入したと言うのに、先週までの暖かさがうそのように肌寒い一日となりました。ただ、本来、北海道の4月末なんてこんなもんでなかったかなーと思われるわけでして。桜が2週間も早く咲いてしまうなんて、やっぱり温暖化を心配せざるを得ないのです。

さてさて、ロードキャビンはなんてたって「キャンピングカー」なわけですから、その本質は「泊まることができる!!」ってことなわけです。もちろん、季節さえよければ、外でテントを張って寝ましょーってことでゼンゼンOKなのですが、北海道の場合、この季節の夜はまだまだ寒い日が多いし、7〜8月のキャンプのベストシーズンだって、天気や場所によっては、ちょっとばかり外で寝るには寒いなんてことも十分に考えられるわけで。
その点、ロードキャビンなら室内の暖房も完備されているので、天候に左右されず、快適な睡眠をお約束。

もちろん、キャンプとしてのアウトドアユースばかりではなく、ゆったり広いロードキャビンの室内空間なら、移動式ホテルのように食事から睡眠までゆっくり夜を楽しむことだって可能です。あなたのアイディア次第でロードキャビンでの北海道旅行を存分にお楽しみください。

<画像:rc080428-01.jpg>

バンクベット(運転席のルーフ部分のスペース:1860×1550×720mm)は大人二人、ゆったりと眠れるスペースが確保されています。

 

<画像:rc080428-02.jpg>

フロアベット(1900×1250mm)にも大人二人が十分に横になるスペースを備えています。

<画像:rc080428-03.jpg>

リア2段ベットは大人でもゆっくりと眠れるサイズです。
上1900×800×750mm
下1900×800×620mm

※上の写真はアンソニー(カムロード)の車内となります。ハイエースベースのリラックスの車内はこちらを参照してください。


 


コメント投稿
次へ→
←前へ
ホーム
お問い合わせ
(株)リアルターアップル パワーズ店
TEL:0166-47-4337
メール:info@roadcabin.com
北海道旭川市永山11条4丁目120-36

MT4i 3.0.4